忍者ブログ
無理をしない、自重もしない
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 うみねこも考えたが、ここに書けるほどやりこんでもないので、kingdom hearts358/2について考察してみようと思う。Kingdom Hearts(以後KH)

 買ってプレイした感想を率直に言うと、期待はずれだった。ぶっちゃけると作業ゲーである。私はKHシリーズが他のゲームでも特に好きなのであまり文句は言いたくない。だが、メーカーが宣伝文句で言うように、初心者でも楽しめるとは到底思えない。期待していただけあって、かなり残念に思えた。
  Kingdom Hearts1.2ともPS2での発売、chain of memoriesではアドバンス、そして今作ではDSでの発売となった。KHシリーズではまだ、PSPと携帯アプリでの発売の予定もある。今作の内容は、KH2に登場したロクサスが生まれてから、KH2の最初までの日々となっている。KH1とKH2の間の話と考えてもいいだろう。グラフィックとしては、私がこれまでやってきたDSゲームではかなり綺麗に感じられた。さすがにPSPには劣るが、DSであれだけのムービーが出来ることに驚いた。システムだが、このゲームではレベルから魔法までパネルシステムになっている。魔法もゲージではなく、パネルにセットした数で決まる。はじめは戸惑ったが、慣れればとてもやり易く感じられた。アクションも激しくて楽しい。始めはやりづらかった十字キーも、途中から気にしなくなった。そして通信プレイが秀逸。13機関や隠しキャラが使えるのはKHファンとしてはうれしい。これだけだと、良いゲームと感じられるかもしれない。
 私の意見だが、悪いと感じたところを上げるとすれば、カメラワークが悪すぎる、ロックオンしにくい、レベルまでパネル、武器が買うまで性能がわからない、自由性がない、途中からザコキャラがみんなボス並、ストーリーとまったく無関係のミッション、同じようなミッションがタイトル通り358日間ひたすら続く、ミッション中にセーブできない、などだ。 
 魔法や武器や技をパネルで設定するのはまだしも、レベルまでパネルに入れなければ反映されないというのはよくわからない。さらに、アイテムショップで買う武器が値段しか表示されず、レベルや性能がまったくかかれていない。買うまでそれらがわからないというのはいかがなものか。ミッションごとに様々なワールドへ行けるが、行く必要の無いところはすべて制限されている。前作までは、ディズニーの世界に自由に行き来できて、その世界に浸れたのだが、今作はまったく浸れない。そもそも、ディズニーキャラの存在がほとんど空気である。テレビCMではディズニーキャラが多く出ているように見えないこともないが、このゲームではディズニー好きなKH初心者が楽しめるわけないだろう。途中から急にザコキャラがザコボスキャラ並になり、ボスキャラのHPゲージが恐ろしく長く攻撃しても減らない。ひたすらAボタン連打。このゲームで親指痛めました。そんな敵をミッション毎に倒していかなくてはならない上、恐ろしいほストーリーと関係のないミッション。終盤にはさすがにストーリーが急展開になり、どんどん進められたが、私がこのゲームを最後までできたのは前作で謎だった部分が気になっていたからだ。もしこのゲームがまったく初プレイのゲームだったら、恐らく序盤で投げていたと思う。今作で楽しめたのはキャラが大好きなユーザーだけだろう。
 KHシリーズにはめんどくさい敵キャラは多いとは前から思っていたが、今作はいっそう際立って感じられた。これがキングダムハーツか、と思われたくないので、初めてだという人にはやってもらいたくはない。




文責:ぺリーぬ
 こんなこと書いといてあれですがKHキャラ大好きなのでそれなりに楽しめました。
 

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新トラックバック
最新コメント
[07/09 とおりすがりの業界人]
[04/27 ミヤ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]